先端テクノロジー

ナノカプセル技術で
美容成分を肌が必要とする場所へ

私たちは、どんなに優れた美容成分も、
角質深層部まで届け、しっかりと浸透させなければ意味がないことを知っています。
しかし、肌には水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から守るバリア機能があり、
この機能が化粧品の浸透を妨げる障壁にもなっています。
そのため、美容成分を浸透しやすいかたちにしなければ、弾かれてしまうのです。

そこで、トリニティーラインは、
製薬技術“ドラッグデリバリーシステム”を応用した「ナノカプセル」を採用。
角質層のごくわずかな隙間を通り抜けられる微粒子の「ナノカプセル」に
美容成分を閉じ込めました。

そしてさらに多様化する肌状態に応えるために
目的に合わせたさまざまな「ナノカプセル」を開発。
働きの異なるカプセルを組み合わせることで
必要な場所に必要な成分を効率的に届けることができ、
角質深層部までみずみずしいうるおいで満たすことができるのです。

「ナノ」と「ナノテクノロジー」

「ナノ」とは10億分の1を表す言葉で、1ナノメートルは10億分の1メートル(=100万分の1ミリメートル)。地球の直径1メートルとすると1ナノメートルはビー玉の直径くらいに相当します。「ナノ」レベルで成分や素材を制御して製品をつくり出すことを“ナノテクノロジー”と呼んでいます。トリニティーラインでは、クレンジング、洗顔料をのぞいたスキンケア製品にこのナノテクノロジーを応用。角質層深部のすみずみまで美容成分が届くように設計されています。

ナノメートル単位


肌細胞

「多重層ナノカプセル」は角質層を楽々とくぐり抜け、
豊富な美容成分を角質深層部まで届けます。

多重層ナノカプセル

多重層ナノカプセル:
肌になじみやすい成分(大豆レシチン)の膜がタマネギのように層になっていて、その隙間にたっぷりと美容成分を含んでいます。


角質層

▲ページトップに戻る